本文へスキップ

電気通信大学技術士会は電気通信大学の発展と技術士制度の普及および、会員の発展を目的に設立されました


電通大技術士会は、会員相互の交流を図り、母校である電気通信大学の発展と技術士制度の普及および、会員の発展を目的に、平成25年11月22日に設立されました。 本ホームぺージは、本会の活動紹介と会員相互の情報交換の場を提供することを目的としています。 本会の会員は、電気通信大学に在籍または卒業した技術士、技術士補および技術で社会貢献を目指している者、ならびに電気通信大学に在籍し本会の活動に賛同する者により構成されています。

Topics

2019年7月21日
常時SSL化対応して 従来のhttpからhttpsに変更されました。
これにより暗号化通信を行うことで不正な覗き見などを防止する機能が付加されました。
2019年8月25日
活動の記録を更新しました。
2019年8月25日
会員限定コーナを更新しました。
2019年4月5日
H30年度一次大学別合格者を記載しました。
電通大は合格者33名で47番目です。
H30年度二次大学別合格者を合格率順に記載しました。
電通大は合格者10名以下で一覧にありませんでした。
各校とも全体として昨年より合格者数が減っていると思います。これは、二次試験の合格率が今年は9.1%(去年は13.3%)で、合格者数も昨年より1,000以上減っているという結果を反映しています。特に、建設部門の合格者が昨年より半減しています。

新着情報

篠原 力 (電通大技術士会 幹事)

最近の国際情勢は戦争状態に近い混乱ぶりです。米中や日韓の経済上の応酬、香港の自由を求めるデモ、北朝鮮のミサイル連発、台中間の緊張などなど・・・第二次大戦後、悲惨な戦争の反省から国連が成立し、日本は戦争や軍備放棄の憲法を与えられて世界は平和になると信じ込んでていたのに・・・竹島は奪われ、尖閣は狙われ、北方領土は返る見込みなし、国連は無力化・・・
 
直接的な戦争の被害を受けない私の世代は、右肩上がりの経済成長を経験し、「ジャパン・アズ・ナンバーワン」などとおだてられて、一時はばら色の未来を予想したものでした。しかし、アメリカはそんなに甘くはなく、貿易問題でさまざまに叩かれ、その後の失われた20年でデフレの没落状態です。
戦前、日本はイエローモンキーと軽蔑され、戦後は「猿の惑星」のモデルとして恐れられたのに・・・

10月の消費税増税でデフレ状態はますます脱却困難だろうと言われています。このまま失われた30年と続くのでしょうか?

 日本には多くの問題はありますが、それでも私は日本に生まれて勝ち組だったと感じています。
日本のGDPは下位でも、水や空気や自然はきれい、食料は豊富でうまい。コンビニはあちこちにあり、100円ショップでなんでも揃う。おにぎりやカップ麺と野菜で最低限の仙人生活は維持できる社会。
年金と健康保険は一応完備、生活保護も有、救急車は誰でも無料で患者を運び、医者は拒否せづ必ず患者を治療する。言論の自由はあり、犯罪者も正当な裁判を受けられ、政治犯の虐殺もない。
もっとも今の日本に政治犯は皆無のような気がします。
 とにかく日本語が全国で通用し、しかも比較的安全に旅行できる日本は恵まれた国だと思います。
ネットも普及し、Youtubeなども誰でもどこでも見れて、TVやマスコミでは触れないいろんな情報が参照できるのはうれしい。たとえウソでもです。

 最近最もビックリしたのは愛知トリエンナーレで慰安婦像の展示は勿論、昭和天皇の写真を焼いて最後にクツで踏み消すという画像を展示した展覧会が開催されたことです。
しかし、名古屋市長に非難されると即中止。表現の自由に対する検閲だとマスコミでは大問題になっています。参考までに朝日新聞の記事を添付します。天皇陛下の写真を焼く画像は通常のTVでは一切放送されていないようですがYoutubeなどのネットではちゃんと見れます。

ご参考までに昭和天皇の御真影が焼かれる映像展示は下記のようなものです。

https://www.youtube.com/watch?v=_6jkz0BPaOY

この展覧会に公的な場所で公的な資金や税金が何億円も投入されていることが最大の問題のようで、私的な展覧会で展示されるならOKという意見が多い。もし東京で開催されるなら他のいくつかの問題となった展示物を含めて私は見たいものです。

ガソリンを撒くと脅した犯人が逮捕されても、たった3日で展示を中止するとは情けない。

朝日新聞の意見のように断固として天皇制反対を主張すればよい。ヴォルテール曰く「私は君の意見には反対だ。だが君がそれを主張する権利は命をかけて守る!」

 なお、天皇制に関してマスコミ関係者には廃止の意見が多いらしいですが、昭和天皇は敗戦後、マッカーサーに対し、自らの処刑と皇室の財産との引き替えに食料難に苦しむ国民を救ってくれるよう懇願したという事実があったようです。自ら命乞いをせず、国民を思う姿にマッカーサーはいたく感動し、日本人のために食料の手配をしてくれたそうです。学校給食で脱脂粉乳のミルク製品やコッペパンにありつけた事情には、そんな美談があったのですね。

その間の事情を説明する資料を見つけましたので添付します。戦時中は鬼畜米英と悪口雑言を浴びたマッカーサーですが、戦後帰国する時は、何十万人もの日本人に神のように感謝され、見送られ去って行きました。帰国後、マッカーサーは米国議会の公聴会で「日本の戦争は、鉄や錫やゴムや石油などの全ての資源を絶たれたための、あくまで資源を求める自衛の戦争だった」と証言したため、当初英雄と称えられていたが、米国民からは大いに失望されて人気を失ったのだそうです。

https://www.youtube.com/watch?v=IrIkxc2-4i4

 以上のような話は、NHKをはじめマスコミからは一切報道されることはありません。
Youtubeを信じるかマスコミを信じるかの問題ですが、日本人が元気になって誇りを取り戻せるような話は侵略国とされる日本では難しいのでしょうね。

 最近門田隆将氏が「新聞という病」という本を出しましたが、新聞の問題点を指摘しています。
門田氏の出演するYoutubeの番組をみつけましたので、参考までに紹介します。
番組は「報道特注#266」で 門田隆将X和田政宗X生田よしかつの3名が出演しています。

https://www.youtube.com/watch?v=C4RT9bVYx7s

 私達の世代は「日本は先の戦争でアジア諸国を侵略し、多大な迷惑をかけてきた」と教わって韓国や中国に非難されてきましたが、実は他のアジア諸国からは感謝されてるようですよ。
ネットで中国、韓国、北朝鮮以外は親日国という記事をみつけましたので、添付します。
こういうネットで得られる情報が正しいらしいと思えるなら、孫達には「日本って世界に誇れるいい国なんだ」って自信をもってほしいものです。

 Youtubeの情報はフェイクも多いので取捨選択に注意しましょう。ただ、一般のテレビや新聞などのマスコミでは触れない情報も沢山あるので、中には真実の情報もあるようです。たとえば最近の韓国ではTVに放映される反日や反安倍のデモより、実は反政府のデモの方が数が多いらしいことが証拠の画像でわかるようです。様々な情報のどれが正しいのかよく考えましょう。

バナースペース

電気通信大学技術士会

〒182-8585
東京都調布市調布ヶ丘1-5-1 
目黒会内

TEL 042-482-3845
Email:info@uece.jp

最終更新2019-9-3