本文へスキップ

電気通信大学技術士会は電気通信大学の発展と技術士制度の普及および、会員の発展を目的に設立されました


電通大技術士会は、会員相互の交流を図り、母校である電気通信大学の発展と技術士制度の普及および、会員の発展を目的に、
平成25年11月22日に設立されました。
本会の会員は、電気通信大学に在籍または卒業した技術士、技術士補および技術で社会貢献を目指している者、
ならびに電気通信大学に在籍し本会の活動に賛同する者により構成されています。

Topics

2019年12月10日
会員限定コーナを更新しました。
2020年1月16日
活動の記録を更新しました。
2019年7月21日
常時SSL化対応して 従来のhttpからhttpsに変更されました。
これにより暗号化通信を行うことで不正な覗き見などを防止する機能が付加されました。
2019年4月5日
電通大は合格者33名で47番目です。
H30年度二次大学別合格者を合格率順に記載しました。
電通大は合格者10名以下で一覧にありませんでした。
各校とも全体として昨年より合格者数が減っていると思います。これは、二次試験の合格率が今年は9.1%(去年は13.3%)で、合格者数も昨年より1,000以上減っているという結果を反映しています。特に、建設部門の合格者が昨年より半減しています。

新着情報

篠原 力 (電通大技術士会 幹事)

 令和元年もついに最終日となり、令和2年を迎えることになりました。
今年1年、世界は米中を中心に実質上戦争状態といえるほどに騒然としており、日本の周辺も中国は勿論、北朝鮮、韓国、中東のイランや石油問題等、緊迫しており、国内的には国民の少子化、高齢化、増税による景気の停滞など、将来に対する不安は増すばかりという気がします。そして個人的にも体力の低下、記憶力の低下、認知症に対する不安、経済的不安など心配の種はつきません。
 さて、OER気楽な会も会員の高齢化が進行し、毎年春の総会・懇親会も縮小傾向となっています。
それで会員の条件を小田急沿線に限らず、広くOBの参加を呼びかけてきましたが、今後とも勧誘して会員を増やしていきたいと思いますので、皆様の支援をよろしくお願いいたします。
ところで、令和2年の春の総会・懇親会の開催日も、なるべく会員が参加しやすい土日の確保を努力しましたが、4月に関しては残念ながら抽選に外れてしまいました。5月に関してもなるべく土日を優先的に確保したいと思います。もし万一、5月でも土日が確保できなければいずれかの平日を確保したいと思います。私のクジ運が悪いせいで、誠に申し訳けありません。
 あと、総会での講演会の講師の件ですが、皆様の中で聞きたい講師や話題の心当たりがあれば幹事団にご連絡ください。
 ところで、私の学生時代、ドイツ語は西尾幹二先生に教わりました。私は途中で挫折しましたが。
その西尾先生がYOUTUBEに出ていました。新年に新刊本2冊も出版されるようで、司会者と対談しておられる元気なお姿を拝見しました。哲学的な内容は私にはチンプンカンプンで理解不能でした。
しかし西尾先生のお話は理解できませんが、頭脳明晰な発言内容には驚くばかりでした。
https://www.youtube.com/watch?v=RRghszIOfqc

今回 旭化成名誉フェロー吉野彰さんがノーベル化学賞を受賞しました。リチウム電池が省エネに多大な貢献をしています。前回、青色LEDの発明で3人の日本人が受賞し、照明における省エネに多大な貢献をしています。これ程日本人が省エネに貢献し、地球の温暖化抑制に多大な貢献をしているにもかかわらず、石炭火力発電を拡大し、炭酸ガス抑制になんにも貢献しない日本は化石賞を受賞という世界的な不名誉の非難を受けました。しかし、多大なCO2を垂れ流している中国に対する非難は一切なし。中国の政治力はすごいものです。ところで、石炭火力発電に関して日本は多大な技術開発上の貢献をしており、石炭火力発電は今では安価で非常にクリーンになっているそうです。
https://www.enecho.meti.go.jp/about/special/johoteikyo/qa_sekitankaryoku.html

 さて、その後、JAXAの「はやぶさ2」はいよいよ地球に向かう帰路につき、約1年後帰還するようです。
それらの記事を参考までに紹介させて戴きます。はやぶさ2よ、頑張って!
「はやぶさ2」がリュウグウを出発、地球帰還へ
http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/10946_hayabusa2
JAXA はやぶさ2プロジェクト
http://www.hayabusa2.jaxa.jp/
リュウグウで7つの「世界初」を達成した「はやぶさ2」
https://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/11020_hayabusa2
 とにかく、この快挙は、日本人としてとても誇らしい業績です。

 追加の情報ですが、ネットで日本の技術に関する情報を得たので、以下に紹介します。
半導体復活へ!!京大初のベンチャーが革命を起こす
https://www.youtube.com/watch?v=ErnIYaV5V1c

衝撃】世界を一変させる…日本の超技術がとんでもなくヤバい…
https://www.youtube.com/watch?v=u99fHLcgieM

一方、東芝の創業者の一人で江戸時代の天才技術者「からくり儀衛門」が開発した世界時計を分解解析した映像が見えるもの、およびからくり人形の解析映像が見えるものとがありました。
田中久重の万年時計【Full &HD】
https://www.youtube.com/watch?v=N35jJKJKRl8

田中久重 / 江戸の天才技術者からくり儀右衛門
https://www.youtube.com/watch?v=lS9zmqxFm2M

江戸時代の技術の素晴らしさに圧倒されます。

一方、通信の5G技術では中国が先行し、日本は遅れているとされています。中国は5G技術の進化で全国民を監視する社会に進化しつつあるという。そんな5Gに対抗するためにその上を行く6Gとか、いわゆる新しい技術の開発競争がスタートするという。

中国が6Gを国策として開始!だが先行しているのは、・・・
https://www.youtube.com/watch?v=fo-s7_1mpo8

中国における監視社会が、特にウィグル人に対してすさまじい人権侵害をおこなっているという。
罪も無いウィグル人の臓器を中東の富豪の臓器移植がおこなわれているらしい。こんな状況にアメリカは非難しているが、日本のマスコミは勿論、野党も自民党も、報道もしないし、非難もしない。
マスコミ以外でも、日本の人権派、人権擁護グループさえもダンマリをしているという。何かおかしいが、ネットでは下記情報が公開されています

私の身に起きたこと 〜とあるウイグル人女性の証言〜
https://www.youtube.com/watch?v=cro-OzRLKCA
 ご迷惑と思いながら、ついいろいろ勝手な情報を勝手に添付しましたが、お許しください。
いよいよ令和元年も最後となりました。皆様、どうぞ良きお年をお迎えください。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。


バナースペース

電気通信大学技術士会

〒182-8585
東京都調布市調布ヶ丘1-5-1 
目黒会内

TEL 042-482-3845
Email:info@uece.jp

最終更新2020-1-16