本文へスキップ

電気通信大学技術士会は電気通信大学の発展と技術士制度の普及および、会員の発展を目的に設立されました

電通大技術士会とはCONCEPT

ごあいさつ

「電通大技術士会」の創設について

皆さんは“技術士”をご存知でしょうか。技術士とは、法律に弁護士があり、特許に弁理士があるように、色々な技術分野に対する文部省が認定する技術コンサルタントの国家資格です。現在技術分野は20部門あり、技術士の名刺には“技術士(**部門)”と分野名の明記が義務付けられており、自らの専門分野での活動が認定されています。
東京に日本技術士会本部があり、国内各県にはその支部が置かれており、地域ごとで技術士同士の活発な交流が行われています。また大学や会社内にも個別の技術士会があり、相互の交流も行われています。
この様に、技術士には、大学や会社の組織を超えて国内・海外との活発な交流の場が開かれています。
会社の制約の中で積極的に活動している技術士がいる一方、会社をリタイアした後に技術で社会貢献を目指し、70台後半まで世界で活躍している技術士も大勢おります。

電通大卒業生のこの様な技術士を中心に、「電通大技術士会」の創設を起案しました。
主旨は“社会貢献を指向する技術者の連携“と言う事から、参加の呼びかけは技術士に限定せず”社会貢献を指向する技術者“といたします。
目黒会やキャンパスクリエイトのご理解と協力をいただく中で、産学連携活動や他大学の技術士会との交流など、社会に開かれた技術者交流の場としていきたいと考えています。
また、在学生には将来の技術ライフを設計するきっかけとして情報を提供していきたいとも考えています。
以上の主旨、活動内容にご賛同いただき、今後会を作り上げていくことに協力していただける方は、下記発起人に参加の連絡をいただきたいと思います。
今秋の調布祭では「初回“電通大技術士会”全体会合」を計画します。
技術で社会貢献を行いまた目指している多くの方々の参加を期待します。

CEO



















                 2014年11月22日設立総会

電通大技術士会とは


バナースペース

電気通信大学技術士会

〒182-8585
東京都調布市調布ヶ丘1-5-1 
目黒会内

TEL 042-482-3845
Email:infoΣuece.jp
(巡回ロボによるメール採取防止のため、Σを@に替えて 送信してください)